オリジナル商品「Protein+Multivitamin」
オリジナル商品「Protein+Multivitamin」
札幌市中央区南1条西25丁目1-17 Maruyama S1ビル3F TEL.011-215-8188 【営業時間】9:00〜21:00 ※当日のご予約は19:00まで お問い合わせ

お知らせ

フィジオウェルネスマルヤマからのお知らせ

痛みで足がつけない陸上選手に整体を行いました 

主訴:足が痛くて体重を乗せれない
 
場所:左足の親指・人差し指の付け根(甲側)
 
強豪校で陸上選手をしている高校生。2日前からハードな練習が多いためか、とうとう足が痛み出し、足を着くことも辛くなり練習ができなくなったそうでした。
 
意外に思われるかもしれませんが
足が痛いからと、まるで当てはめるように
   
【靴やインソールを作りましょう】
   
とは決してなりません。
決してです。
 
それは、

なぜ足が痛くなったかの【原因を検査】しない事には
正確な治療には決してならないためです
  
痛みを解決する手段は人によって様々
   
靴やインソールが有効ではないのではなく

足が痛い事が走りすぎだったとしても
ランナー障害には
 
・腸脛靭帯炎
・鵞足炎
・シンスプリント
・足底筋膜炎
・股関節
・腰痛
・etc
 
などなど、種類も数多くあります
 
【何故この選手は左足だったのか?】 
  
その鑑別がないままに介入をすることは
とても危険なことなんですね
 
今回のケースでは
 
・疲労骨折
・靭帯の損傷
・その他の組織損傷
 
などがないかを検査し
(※ あくまで手で行う検査なので、若干の精度は低いですが)
 
そのうえで全体像から
痛みが出る部分へのストレスを探していきます
 
・この選手の骨格
・歩き方
・股関節の左右差、力の入り具合
・足首の機能
・左右差
・肩や呼吸の状態
 
などなど、わりと全身を見ていきます
 
すると、顕著だったのは
 
・呼吸の浅さ
・首の不自然な偏り
・右下半身の過疲労
 
の3点でした
  
例えば、首を右に向けると
足首を動かしただけで痛みが出てしまいますが
 
【首を左に向けるとその症状は出ません】
 
つまり普段から首が右向きに引っ張られていることが考えられます
  
そして次に行うことは
なぜ右に首が引っ張られているか? 
  
という点です
  
呼吸筋が固まることで、右肩は下がり右膝も曲がるので
重力的にも右に引っ張られますが
  
それだけではイマイチ説明としは不十分なため
  
他の部分を見ていくと
右半身(特にはふくらはぎとハムストリングス)
の過疲労が
 
股関節や首の動きに制限をかけていると判断できました
 
これはハードなトラック練習の結果起こりうる問題と思います 
(左回りなため、右を多く蹴ります)
 
この仮説を考え、反応を見ながら施術を行っていき
結果としては動画の通り
 
走っても
ジャンプをしても
 
痛みは消失できました
  
今回も数多い症例の、ただひとつの例に過ぎません
次に来る方はまったく違う機序をもっているかもしれませんし、 
足の痛みを、足の怪我と判断することもあります
 
ですが当店の考えとしては
 
痛みが起こるには、何かの不都合を庇っているからでは?
 
という考えの元、施術を行わせていただいております。
 
 
自分では原因かわからない足の痛みも是非ご相談ください
 
 
札幌市円山公園の整体院
フィジオウェルネスマルヤマ 
 
#足が痛い #整体 #足を着けない
#走れない #理学療法士 

施術メニュー

フィジオウェルネス マルヤマ

札幌市中央区南1条西25丁目1-17
Maruyama S1ビル3F
営業時間9:00〜21:00 ※当日のご予約は19:00まで
定休日日曜(第1・3・5) E-MAILinfo@physiowellness.jp