オリジナル商品「Protein+Multivitamin」
オリジナル商品「Protein+Multivitamin」
札幌市中央区南1条西25丁目1-17 Maruyama S1ビル3F TEL.011-215-8188 【営業時間】9:00〜21:00 ※当日のご予約は19:00まで お問い合わせ

お知らせ

フィジオウェルネスマルヤマからのお知らせ

リウマチで足が強直し、靴が合わない方

進行したリウマチの為、足が硬く・関節も固まってしまっている方
市販の靴を履いておりましたが、足に合わな過ぎたのか
右足は爪先と足裏が、左は踵や足首が痛くなり
自宅の中も伝え歩きになってしまったようでした。
 
リウマチも進行してしまうと
足の関節が固まってしまい、また筋肉も委縮するので
靴が少しでも合わないととたんに痛みが出てしまう事は
よくあるケースです
 
その場合、インソールだけではなく
その方の足型・形状に合わせて
靴自体にも調整が必要になります。
 
まず前提として、足への刺激を感じやすいため
中敷きの素材自体も低反発材を用いて
当たりを柔らかくする必要があります
 
また、歩き方凹凸のついたインソールですが
もちろん歩き方をみて凹凸(アーチ)を形成しますが
必要な部分だけ必要な量を作らないと
 
とたんに過敏な反応や痛みが起こります
 
作製の手順としては
 
①低反発素材を用いて、当たりを柔らかくする
②靴の中で爪先が浮いている部分を、パッドを用いて制動する
③バランスが崩れる動きをインソールの凹凸でコントロールする
 
となりますが、
こればかりは繊細な歩行分析とインソール形状が
必要になりますし、インソール使用するとすぐに
足に変化が現われ何度も微調整を繰り返しました
 
足が固まっており、筋肉が萎縮しているケースでは
一度で終了とはどうしてもなりにくく、
痛みがあってもなくても5日後に再度微調整をお願いし
終了となりました。
 
リウマチの進行している方は
なかなか市販の靴があいづらく、
繊細な調整が必要となる事が多くあります
 
是非ご相談ください
 

 
-------------------------------------
主訴:靴を履くと足が痛い
    右 足裏・母趾の痛み
    左 踵・足首
 
評価:母趾強直・足部内在筋の萎縮・可動域低下
 
靴評価:矢状面上のカーブ・足趾の形状があっておらず前にズレる
    内振りの為、小趾がぶつかる(内反小趾)
    母趾のアッパー容積が少なく、履いた瞬間に衝突している
    
歩行評価:蹴り出しが十分に行えず、サイドシフトを伴う歩行
     左立脚時に、過回外
     左蹴り出し時に過回内気味
     右の立脚相後期に過回外

特筆事項:中敷きに低反発素材・なめし皮を使用
     つま先のアッパー容積は、直下の中敷きも削る必要があり
     アーチカーブが長いため、前ずれを起こすが
     アッパーの容積がないため、踵を上げる事で高低差を調整する

施術メニュー

フィジオウェルネス マルヤマ

札幌市中央区南1条西25丁目1-17
Maruyama S1ビル3F
営業時間9:00〜21:00 ※当日のご予約は19:00まで
定休日日曜(第1・3・5) E-MAILinfo@physiowellness.jp