札幌市中央区南1条西25丁目1-17 Maruyama S1ビル3F TEL.011-215-8188 【営業時間】9:00〜21:00 ※当日のご予約は19:00まで お問い合わせ

お知らせ

フィジオウェルネスマルヤマからのお知らせ

30年間靴が合わなかったという女性

お世話になっている治療院のご紹介でご来店
タイトル通り30年間、靴がいっさい合わなかったようで
 
今に至るまでなかなか改善点は見当たらず
様々な靴店を回っていたようでした。
 
症状としては巻き爪やタコ、その他にも外反母趾や内反小趾がありましたが、
立つことや歩く事でもお尻に力が入らず、いったいどうやって歩いたらいいのかと
お悩みでした。
 
単純に靴が合っていない事はもちろんでしたが
 
さて、ではどの部分が、どう合わないのか?
当店はこの部分を理論的につめる事に非常に意味があります。
  
まずは【巻き爪】という症状は、遺伝的な要素以外では
爪の真下に力が乗らないと
  
伸びてくる爪が横に広がっていく刺激がなく
丸まりながら伸びて行ってしまいます。 
  
つまり巻き爪の予防には、
爪の下に体重を乗せていられるかが重要になります。
 
次に【タコ・魚の目】ですが、
これも巻き爪と原因が似てはいますが
指に体重が乗りずらいと、メインとして乗るのは
その手前、そこでタコが起こりますが、
  
場所により少々理由が変わります。
もっとも多い、2-3趾の部分は
  
小指が浮いているだけでなく、親指への体重移動も不十分で
蹴り出しを内側にこねるような歩き方をすると
  
荷重は2-3趾の手前にかなりのってしまい
この部分にタコができます。
 
さらに、靴の中で足が前に滑る靴ですと
タコになりやすい状態は増悪されます。
 
【外反母趾】については
これな不思議?なもので、角度と痛みは相関しません。
もちろん、はっきりと裸足でも指が重なっている場合は例外ですが
その前の状態ですと
 
靴の前滑りの勢いで、外反母趾の部分が靴の内壁にぶつかる事で
痛みが発生してしまうんですね。
 
これを予防するためには、
靴内で、足の前滑りを防ぐことと
足の甲を締めれる紐靴であれば、多少の予防と改善効果もございます。
外反母趾は紐の履き方も重要なんです。
  
最後に【内反小趾】ですが、
よほど爪先に幅を持たせた靴でない限り
現状の既成靴の形では、ほとんどが小指があたり
改造・調整を行なわない限り、これを防ぐ手立ては難しいのです。
  
けれど大きめ(ながめ)を買うと脱げ感が、、、
これを多少防ぐテクニックはありますが、それはまたのお話。
 
以上の要素と、
靴の形状と、足の形状を【靴をリセッティングする事で調整】していき
さらに弱くなってしまった足趾が十分に機能するように
【インソール】をもちいていきます。
 
こうする事で、
「あしに力が入ってきます」という結果を出すことが可能なんですね。
 


今まで靴にお悩みだった方、是非ご相談ください。

施術メニュー

フィジオウェルネス マルヤマ

札幌市中央区南1条西25丁目1-17
Maruyama S1ビル3F
営業時間9:00〜21:00 ※当日のご予約は19:00まで
定休日日曜(第1・3・5) E-MAILinfo@physiowellness.jp