札幌市中央区南1条西25丁目1-17 Maruyama S1ビル3F TEL.011-215-8188 【営業時間】9:00〜21:00 ※当日のご予約は19:00まで お問い合わせ

お知らせ

フィジオウェルネスマルヤマからのお知らせ

ギックリ腰の女性

3,4日前にギックリ腰なったとの事ですが
原因はわからないかったようでした。
 
さて、ギックリ腰ですが
ほとんどの場合
 
【炎症】といって
組織(筋肉とか靭帯や身体のどこか)が
痛んでしまっている事が多くあります。
 
この場合、施術により動けるようにはなりますが
痛みが完全に「ゼロ」にはならない事が多くあります。
 
ただ、整体を行なった方が
その後の予後は安定して改善傾向にある事は
経験則からございます。
 
今回の方も
その点をご理解して頂き
施術となりました。
  
さて、
いつものように動きや関節を見ていき
 
【なにが腰にストレスをかけてしまっているか?】
 
を探していきます。
 
というのも
「ギックリ腰はここを見ろ!」
 
というマニュアルじみたものがなく、
あくまで個人個人のケースバイケースで
原因となる場所が変わるためです。
 
身体の歪み
痛みの出る動き
 
その他を見ていきましたが
いまいちピンときませんでした。
 
けれど場所を探している最中
「ゴホッ!」
 
っと、咳をされ
その際に急激に腰が痛くなったことから
 
どうやら2ヶ月ほどずっと咳がついてしまっていたそうで
本人もまさかそれは原因ではないだろうと思っていたようです。
 

ただ、こちらとしては、
今回の痛みがアバラ付近にあるのでは?
 
というきっかけになりました(まだまだ力不足ですね)
 
明らかに左右のアバラの硬さが違います
そして腰痛も左を中心に起こっていました。
 
そのため、そのアバラそのものや
アバラを硬くしている部分などを取り除くと
 
痛みなく動けるまでにはなりました。
 
施術の最中
「最初、畑仕事を30分して、顔を左に向けた瞬間、ギクッとなったんですよ」
 
との事
 
恐らくですが
咳が長くついてしまい、あばらの機能が落ちていた状態で
とどめを刺す形で畑仕事をしてしまったのではないかと
 
想像しました。
 
さて、痛みは激減しましたが
おそらくまだ炎症は残っていると思います。
 
動いて治す
 
というのではなく、
今回は深呼吸を中心に、
2~3日はのんびりと生活をおこなって頂く様お伝えし
終了となりました。
 
ギックリ腰の原因は様々かと思いますが、
ひょんな事がきっかけでその原因がわかる事もあるなぁと
勉強不足を思った次第です。

施術メニュー

フィジオウェルネス マルヤマ

札幌市中央区南1条西25丁目1-17
Maruyama S1ビル3F
営業時間9:00〜21:00 ※当日のご予約は19:00まで
定休日日曜(第1・3・5) E-MAILinfo@physiowellness.jp