札幌市中央区南1条西25丁目1-17 Maruyama S1ビル3F TEL.011-215-8188 【営業時間】9:00〜21:00 ※当日のご予約は19:00まで お問い合わせ

お知らせ

フィジオウェルネスマルヤマからのお知らせ

スポーツ用インソールの妙味

一般の方?への歩行の改善、関節への影響の低下を狙い、

作成する靴のリセッティング・インソールのそれに比べ
  
高強度で練習時間の長い、
スポーツ用のインソールは非常に難しい印象があります。
もちろん私個人の未熟な点は否めないのですが 
 
それは通常で行なう
  
・靴と足とのフィッティング
・インソールによるバランス改善 
  
だけでは、理想とする介入になっていないケースがあるためです。
  
さて先日、とあるご紹介にて
【バトミントン選手用】の
靴のセッティングとインソールを作成いたしました。
 
流れとしては
 
①最も問題となっている部分
②今ある関節の問題
③過去のお怪我と、その影響を歩きにて確認
④目や三半規管などのバランス感覚を見ていき
⑤足の癖
⑥靴と足との形状を合わせる調整
⑦インソールの制作
 
と、ここまではいつも通りに行っていきます。
  
今回の選手も、作成直後はフィット感もよくなり
小指の痛みも消失し、非常に快適な手ごたえを持たれました。
 
そして3日後
 
「すいません!調整をお願い致します!!」
 
とのご連絡が。
 
そこで修正となったのですが
問題の部分をお聞きすると
 
靴と足とは確かなフィッティングにはなったが 
 
・足が跳ねすぎてタイミングが合わない
・足趾に体重が乗るが、方向転換ではブレーキがかからない
・急激な方向転換では、身体は崩れないが、足元が頼りなく感じる
 
といった事でした。
 
こういったケースは何もバトミントンに限った事ではありません。
 
例えば他のスポーツの方でも
 
靴の接地感覚が直接伝わる硬い素材が好みの方や、
反対に跳ねるような柔らかい素材が好みの方
 
足趾が使える事は良い事ですが、
すぐに長い時間のスポーツを行なう事で
かえって足趾が疲労してしまう方
 
バランスが向上し、身体の連動が出現しても
使っていない筋肉に負担がかかり、筋肉痛になる方
 
などなど、出現するパターンは様々ですが、
 
【ある程度使用しないとわからない】
 
といった点がスポーツに対する
靴・インソール製作の最大の難しさですし
ほとんどのケースで、
 
【じっくりと身体を馴染ませる時間】はありません。
 
・プレースタイル
・変化した足への感覚
・フィッティングする事で変化する足  
  
を含めると、悔しいかな、よかれと思ったセッティングが
【悪し】に働く事もままあります。 
 
今回のケースでは、上記の症状と動きを再チェックし、
 
・踵の安定性をより向上させ
・急激な方向転換にも靴が負けない、硬い素材を用いる
 

<硬く、衝撃に負けない素材>

 
事で対応が可能でした。
 
もちろん症状はなくなりましたが
まだベストなセッティングかはわかりません。
  
いつかはそれらも予測できるスペシャルな技術を身に着けたいのですが
その日はまだ先になりそうです。

施術メニュー

フィジオウェルネス マルヤマ

札幌市中央区南1条西25丁目1-17
Maruyama S1ビル3F
営業時間9:00〜21:00 ※当日のご予約は19:00まで
定休日日曜(第1・3・5) E-MAILinfo@physiowellness.jp