札幌市中央区南1条西25丁目1-17 Maruyama S1ビル3F TEL.011-215-8188 【営業時間】9:00〜21:00 ※当日のご予約は19:00まで お問い合わせ

お知らせ

フィジオウェルネスマルヤマからのお知らせ

交通事故後とOPLL後、ぎっくり腰にもなってしまった女性

「寝れないし歩けないんです」
 
と、数年ぶりにお越しになった女性
 
なんでも昨年11月に交通事故にあい
首の痛み・手のしびれ・腰痛と、散々だったの事でした。
 
その症状自体は整骨院に通われ
しばらくは落ち着いていたようですが
 
保険的に締め切りとなり、
残った首の痛み・手の痺れは後遺症診断になり
 
今は通えなくなっているとの事。
 
そんな中、
昨日パンプスで10分ほど歩いただけなのに
 
その夜からぎっくり腰になり(以前からも腰痛はあったけど)
今日になっても寝れないし、歩けない
といった事に。
 
もちろん
  
OPLLの存在を消す事や
神経が痛んでしまって出ている痺れは
整体では不可能ですが
 
出ては消えたりする症状が全て
病名通りの物とは限りません。
 
ただそれを見極めるためには理学的な検査が必要になります。
 
<現時点での主症状>
・立つ・歩く・寝返り・仰向け・うつむせ全てで、左を中心とした腰痛
・首のズキッとする痛み
・小指のしびれ
 
さて仰向けをとってもらい
検査を行なうと
  
・右足が短くなっており(見かけ上です)
・足をちょっと動かすと左の腰に激痛
・バンザイをすると右手が短くなっており
・骨盤とアバラは左に回旋状態
・右の爪先は外を向いている
 
状態でした。
(他にも細かい事例は多々ありますが、省略しております)

 
痛い部位は左の腰ですが、
一切無視し
 
右の足首が反れなくなっている状態を
痛みが出ない手技で戻します。
 
「これでちょっと動いてみて下さい」
「・・・ん、と、なんか背中が痛みます」
「左の激痛はどうですか?」
「あれっ?痛くないですね・・・ずれましたが背中が痛いです。」
 
と、最初の症状とはずれた場所に移動しました。
後は、右のお尻、おなかの硬さをまた手技で緩めますが
痛みの恐怖がある状態ですから
 
緩め方はほとんど「手をあてがう」だけです。
  
この時点で見かけの脚長差はなくなり
首の痛みは消えています。
 
「ではうつむせになってみましょうか?」 
「あ~~~~、できる~~~、痛くないです~~~」
 
と、思った以上に痛みがなくなっていました。
 
後は痛みのせいでなのか?これまでの積み重ねか、
動かず、一方に固まったアバラを戻します。
 
「さて、では起き上がってくださいね~」
「あ、、できますできます!」 
 
と立つ・歩くで痛かった症状がなくなっている様でした。
ついでに軽くなったのか、小走りをしても痛みはでません。
 
「今、腰は大丈夫そうですが、頸や手のしびれはありますか?」
「ないです!なんでですか?」 
 
と、お持ちの症状は全て消えました。
「ちょっと足と靴をみていいですか?」
 
と、確認すると、
明らかに小さい靴を・・・
  
「この靴・・・履いた瞬間に指が当たってますが、履いた時に指を縮めてませんか?」
「確かに足が痛くなるので、長く歩くとそうなりますが、、、そのせいですか?」
「この靴を履いて歩いていると、爪先を外に向けてペタペタ歩いているんですよね~・・・」
  
今回のケースも、
決して【OPLLを治したわけではありません】
 
・たまたま今日持っている症状が
・身体の歪みからきている事や
・昨日歩かれたという時の【靴が小さ過ぎ変な歩きになった】事などが
 
何かしらの引き金にはなっていると感じました。
 
私個人は手術が可能な医師ではありません。
なってしまった骨・関節変形を治せる物ではありません
  
ただ、痛みが24時間で変わらない症状を除いて
出たり・出なかったりする場合には
 
痛い部位に、【なにかしらのストレスが影響】して
痛みが出ていると考え、施術として整体を行なっております。
 
全てを治せるなどとは思いませんが
痛い部位へのストレスは手技でも対応が可能と思います。
 
お困りの方は是非ご相談くださいませ。
 
<靴のセミナー まだまだ募集中です!!>
こちらのリンク先から、是非お申し込みください!
 
opll_01.jpg

施術メニュー

フィジオウェルネス マルヤマ

札幌市中央区南1条西25丁目1-17
Maruyama S1ビル3F
営業時間9:00〜21:00 ※当日のご予約は19:00まで
定休日日曜(第1・3・5) E-MAILinfo@physiowellness.jp