札幌市中央区南1条西25丁目1-17 Maruyama S1ビル3F TEL.011-215-8188 【営業時間】9:00〜21:00 ※当日のご予約は19:00まで お問い合わせ

お知らせ

フィジオウェルネスマルヤマからのお知らせ

お子様の足育に関して④

足育に関して①

足育に関して②

足育に関して③

さてさて、そろそろ春で靴の買い替えの時期ですね。

新しい靴、どんなものを買いに行こうとお悩みになりますので
年齢ごとのお勧め?狙いを書かせて頂きます。
  
<0~1歳>

 足裏の怪我をしない程度のもの。ただしこの時期は、歩いて育てるというよりも、ご両親からの安心・外の刺激・ハイハイや抱っこ、足そのものへの刺激などが大事な時期です。
 ですのでよい靴というよりは、足裏に刺激が行くようにあまり靴底が厚すぎず、ガラスなどから足を保護する靴というイメージでよいと思います。
 baby_shoes.png

<2~3歳>

 歩行ができるようになり、外遊びも盛んです。お外でのジャンプや、上り下りに対応できるように、あまり履きやすい・柔らかい物は避けましょう。【靴の踵】がしっかりと硬く、足が靴内で左右に動かないように【土踏まずを固定できる靴】が良いです。ただ、足の長さがスクスク伸びる時期ですので
 
【お子様の爪が割れていないか】
【理想は中敷をとって足に合わせる】
 
事をしてみて下さい。

また、ハイカットのものはよほど転倒の危険性がない限り、足首の動きを制限してしまうので

お子様の【元気の良さ】をみて、選ばれると良いと思います。

page02_01.gif
  

<4~6歳>

いよいよ走り出しますね。この時期に避けたい靴としては

 

【足首の付け根だけを締めるバンド物の靴】

 

です。この時期は2~3歳で使用したバンドで絞めるタイプはそろそろ卒業です。

それはバンドではしっかりとした固定ができないからですね。

下記の図にあるようなゴムひもがついたもので、土踏まずをしっかりと締めて下さい。

 

【※注意!!】

  

注意して頂きたいのはサンダルやクロックスなどの履きやすい靴です。これは何かに引っ掛けてつまづきの原因になったり、エスカレーターなどでひっかかりや巻き込み自己が頻繁に起こるので、よっぽどの事がない限り使用は控えましょう(海はOK)

5_000000002362.jpg 

ゴムバンドを縛って、土踏まずを締めましょう!!

 
<それ以上>

 推奨される事は【圧倒的に運動靴】になります。ただし、最低でもゴムバンドがついていて、土踏まずがしっかりと結べる靴と良いですね。

また、各御家庭では紐靴を履く練習を始めて下さい。頑張れば幼稚園児でも可能なので、例え一年生でも十分可能ですよ。
 
また、小学校5・6年生で外反母趾が2割・内反小趾と浮き趾が7割と高頻度で発生しております。しかし依然として軟骨組織が多いため、お子様の多くは変形に気づか無い事がとても多いので、大変ですがご両親が確認をして下さい。ポイントは爪のささくれや割れになってでますよ。
  
 shoes.png
<重要>
 
靴を買う際、前回も書かせて頂きましたが
 
【必ず中敷きを取り出して、足に合わせてください】
 
同じ20.0cmだとしても、メーカーさんや型式によって実寸が必ず違います。
何センチがいいですか?
ではなく、何センチを【目安にしますか?】という程度にとどめましょう。
 
また、小指が長いお子様の場合、ほとんど中敷きから小指がはみ出します。
このはみ出し部分の靴の素材が柔らかければダメージは少ないのですが、
エナメル素材で補強している場合、そのままダメージになります。
 
最近は靴屋さんも足の計測を行なってくれるとこが増えましたが、
この小指問題は気にされている方が少ない印象です。
 
・中敷きを合わせて、小指がはみ出している
・靴を履いても小指がしっかりとぶつかっている
 IMG_8975.JPG
こんな時は躊躇なくサイズを上げて下さい、
また、靴の先端が広い物に変えても良いかと思います。

施術メニュー

フィジオウェルネス マルヤマ

札幌市中央区南1条西25丁目1-17
Maruyama S1ビル3F
営業時間9:00〜21:00 ※当日のご予約は19:00まで
定休日日曜(第1・3・5) E-MAILinfo@physiowellness.jp