札幌市中央区南1条西25丁目1-17 Maruyama S1ビル3F TEL.011-215-8188 【営業時間】9:00〜21:00 ※当日のご予約は19:00まで お問い合わせ

お知らせ

フィジオウェルネスマルヤマからのお知らせ

靴は何故脱げるのか?(③靴の機能編)

以外に好評をいただいております
【靴は何故脱げるのか   シリーズ①/    シリーズ②
 
ですが、脱げるのか編としては最後?なになります。
 
【靴の機能編】
 
になります。
今度は靴の機能自体が問題となり脱げるケースです。
 
え!?靴ってメーカーさんが研究して作ってるんじゃ!? 
そんな靴自体じゃなくて、私の歩き方なんじゃ!?
 
もちろんメーカーさんに喧嘩を売るような話では
多分ありません。
 
・あくまで個性の足と合わずにという、使用者との兼ね合い
・例えば山靴で平地を歩くなど、用途が違う場合
・既製品という一定の規格では、どうしても問題が起こる場合
・おしゃれという概念からはどうしても失われる事がある
 
などなど列挙するだけで数はとても多いのですが、
目立つポイント等々をつらつらと書いていこうと思います。
 
まず、、、一番多いのはここです。
 
【アウトソールの硬さ・曲がるポイント】

  
図をご覧ください。
人は蹴り出す時に、こう指の付け根が曲がりますが
ココが曲がらない靴があります。
 
だた、あえて曲げていない場合もあります。
 
当店にご来店されるもっとも多いケースは
 
【登山靴が最高であると、平地でも用いてる場合】
です(^^;
 
これは実は脱げながら歩くという事になるんです。
 
けど、登山靴が悪いわけではありません。
  
登山靴は、重い重量物を背負いますよね。
そして、がけや急坂などを上ります。
 
ですので、
 
下記の図の様に、足裏を硬くして、テコの原理が働くように
曲がらないように設計されております。
 

また短距離走などのスパイクは、反発力を強く出すため
会えて固くなっています。(柔らかい物もありますが)
  
では、これが通常の靴ではどうでしょう?
 
蹴り出しの時に、うまく曲がらないために、
踵が浮いてしまいます。
  
また、指の長さが違ってしまう場合も起こります。
 
靴合わせって、長さだけでなく
【指の長さ】も大事になるんですよね。
  
また稀にですが
アウトソールの減りを減らそうとしたり
新しい硬いものに張り替えたりすると
 
曲がらなくなってしまい、脱げやすくなります。
 
アウトソールの張替えの後に違和感がでるのは
実はこの現象が多いのですね。
 
さて次です。
 
【踵の形状】です。
 
良く歩き方で「踵からついて」などと聞きますが
ほぼ8割以上の方は踵からつきます。
 
あえて意識する事もなく、着きます。
 
そしてここの形状が問題になるんですね。
 
まずこちら
 
 
ランニングシューズでよくありますが、おそらく
  
反発を利用して前への推進に変えたい
ストライド走法タイプの方に好まれます。
 
接地した瞬間の前への「ガツン」が多いからですね。
 
ただ、問題?なことは、この瞬間・・・前にずれるんです。
このケースでは紐の締め方を工夫する必要があります(甲痛くなるけど)
 
次にこちらです。
 
 
流行り?でしょうかね。
パンプスで多いのですが
 
これはそもそも「演奏会」などで音楽家のかたが
ずっと立っている時に活躍する安定度重視の物。
  
歩く場合では、【踵が重すぎ】、
脱げながら歩かざるを得ません。
 
また、①でも触れましたが
バックセットのタイプ
 
お洒落かもしれません。
が、これもついた瞬間、足が前に押し出される事で
脱げる力が加わるんですね。
 

靴には用途があるんです。
決して【平地を歩く】だけ以外にもさまざまで、
結局は用途に【合うか合わないか】
 
につきると思います。 

と、ここまで一気にと思いましたが
内容が多くなるので次回に・・・ではでは(^^;
 
ではでは

施術メニュー

フィジオウェルネス マルヤマ

札幌市中央区南1条西25丁目1-17
Maruyama S1ビル3F
営業時間9:00〜21:00 ※当日のご予約は19:00まで
定休日日曜(第1・3・5) E-MAILinfo@physiowellness.jp