札幌市中央区南1条西25丁目1-17 Maruyama S1ビル3F TEL.011-215-8188 【営業時間】9:00〜21:00 ※当日のご予約は19:00まで お問い合わせ

お知らせ

フィジオウェルネスマルヤマからのお知らせ

学校指定のパンプス

姿勢が気になる中学生
 
当店にご来店された
顧問の方からのご紹介にてご来店
 
入学以降、姿勢が徐々に崩れてしまったそうで
 
足元から正す事で姿勢の改善もされるのでは?
と指導を受けたとの事でした。
 
まず足趾を見ていきます。
 
外側の趾が【内反小趾】という状態に変形しております。
また外反母趾にもなりかけております。
 
フットプリント上も外側の趾はついておらず
【浮指うきゆび】になっております。 
 
また、そのためなのか、踵重心になり
その反作用で骨盤は過度に前傾しておりました。 

ここで問題なのが毎日履かれる【学校指定のパンプス】です。

この履物に足を毎日入れると、それは【鋳型】になり、変形が促されてしまいます。 

 
さて、関節も検査をしていきますが
とても関節や身体が柔らかい方で、
筋力も【低下している】という事もなく
  
年相応な状態でした。 
 
さて、今回の最も重要な部分、
姿勢なんですが・・・
 
そもそも姿勢というものは 
 
【意識では決定できません】
 
どんなに気持ちを強固にしても
足元の負担がかかり過ぎ、
足趾に負担がかかると
踵だけに体重が乗ってしまい、
 
ペタペタとペンギンのように
歩かざるを得ないのです。
 
そして多くの方もお気づきでしょう
中学生の背負っている荷物は
大きくて重すぎです。
 
教科書?必要な道具?
 
今の子供の体力をはるかに超えた物を

変形が促される靴を使い
足指に力が入らなくなった状態で
  
【しかも毎日】使うと
 
必ず姿勢は壊れます。
 
この問題は昨今よく見られますが
制度としてだけ、とても難しい問題ですね。
 
さて、
・まずは足趾にしっかりと体重が乗せるため
・小趾側の変形がこれ以上怒らないように
 
パンプスをリセッティング(加工)し足型に合わせ、
足趾の力が強くなるようにインソールを用います。
 
「全然違う!」
 
とすぐに指が楽になった事を実感されました。
 
また、姿勢が良くなるようにバランストレーニングを
指導していきます。
 
そうする事で姿勢も改善され
歩き方も変化していきました。
 
今後は夏靴の加工も含めて
姿勢の改善とフォローを行なっていく予定です。
 
  
-------------------
 
ところで、
 
【パンプスが足に悪そう】
 
という事はとても有名な話ですね。
ですが一方で
 
「そこまでは悪くないんじゃない?」
「昔からあるし、若い子なら大丈夫でしょ」
 
という事なのか?
足に悪い事は軽視され・・・
  
【そんなことより、規律と伝統だ】
 
と、'名を捨てて実を取る'
という諺の真逆を行く事が多々横行しております。
  
野球のアップシューズにそうでした。
「整列の時に綺麗に、白く統一させるため」
 
と靴による弊害を知っている私としては
非常に歯軋りしてしまう現象がまだ日本各地にございます。
 
大人の皆さん、特には女性の方は
【合わない靴のために出た足の障害】
にとうに気づいているはず。
 
痛くてやめてしまった人もいるはず。
 
それなのに【学校で指定】【チーム全体で統一】させてまで
足に障害が出るものを履かせてしまう伝統。
 
そうならないためにも
 
私や、医療目線で靴を見てる方は
全国各地でセミナーなどの啓蒙活動を行なっておりますが
  
まだ、その伝統・身綺麗さを優先させる
【意思決定をする方までに】は届いていないんですね。
  
今後もセミナーなどは随時開催していきたいと思いますので
知識として知ってみたいと思う方は是非ご連絡ください。

施術メニュー

フィジオウェルネス マルヤマ

札幌市中央区南1条西25丁目1-17
Maruyama S1ビル3F
営業時間9:00〜21:00 ※当日のご予約は19:00まで
定休日日曜(第1・3・5) E-MAILinfo@physiowellness.jp