札幌市中央区南1条西25丁目1-17 Maruyama S1ビル3F TEL.011-215-8188 【営業時間】9:00〜21:00 ※当日のご予約は19:00まで お問い合わせ

お知らせ

フィジオウェルネスマルヤマからのお知らせ

靴はなぜ脱げるのか(パンプス編①形編)

パンプスは多くの方がお悩みになるかと思います。 
この履物自体は、決して足の健康を考えたモノではなく
 
美しく見せるため
フォーマルな場で必要になるため
 
が主目的ですね。 
 
ですが、決してあきらめなさいという事ではありません。
もちろん、長く履くとトラブルは出やすくはあります。 
 
さて、ではなぜでしょうか?
 
サイズ?長さ?太さ?
  
どれもそうなんですが(^^;
もっともな事は
 
足を抑える部分が少ない
 
という点に尽きるかと思います。
 
【当たり前でしょ!!】
 
という心の声も聞こえてきそうではありますが
  
「それ以外にはないのですか?」
「他の人は痛くないというけど、私は痛いんですよ」
 
 
というお悩みをもちろんとても多く伺います。
  
これには形ともう一つの要素があります。
 
もう一つの要素はながくなるのでいつかお話しますので、
今回は形についてのお話。
 
まず、長さですが
ポインテッドトウを選ぶ方が非常に多いので
長さを合わせて購入されると、だいたい足趾が当たります。
  
ポインテッドの場合は、1cmは長くないと足趾にトラブルが出てしまいますが
、大きいので脱げてしまいますよね。
  
ではそれは長さの問題か?という事になります。
結論から言うと「長さ」そのものではありません。
 
<形状>
1、まずパンプスは、踵・外ヘリ・前の指の付け根が主に抑え込む場所になります。
これらの部分の抑えが大きいと脱げる原因になります。
とくにルブタンを代表とする「浅クリ」のパンプスは、ゆびを上にあげないと
ひっかから無いほどですね。
  
2、次に、足裏はどうでしょうか?
土踏まずの(足裏)の形状は、人によって角度が違います。また、母指球・小指球の位置もあります。
靴が長くなると、この部分があわず(たとえ長さがあっていても)に脱げるのです。 
 
<機能>
1、靴が折れ曲がる部分はどうでしょうか?
この部分が硬いと、蹴り出しの瞬間にスポッと脱げてしまいます。
2、ヒールの形状はどうでしょうか?
この部分が最近はやりの「バックセット」になっていると、踵がついた瞬間に
前への推進力がくわわり、脱げていきます。
3、体重を乗せる事での、足の大小の変化 
この変化量が多いほど、靴の中で緩みが発生し、脱げやすくなるのですね。
いかがでしょうか?
ちょっと今回の説明はかなり難しいと思います。
 
ですが、これらがご自分の足の形と3mm以上ずれてしまうとパンプスは脱げてしまうのです。
CMになりますが、現状こういった問題に当店では
 
【靴を加工し、リセッティング】をすることが
 
最も履き易くなります。 
 
上記の内容については一つ一つ細かな説明がいるのですが
それはまたの機会に。。。
 
では

施術メニュー

フィジオウェルネス マルヤマ

札幌市中央区南1条西25丁目1-17
Maruyama S1ビル3F
営業時間9:00〜21:00 ※当日のご予約は19:00まで
定休日日曜(第1・3・5) E-MAILinfo@physiowellness.jp