札幌市中央区南1条西25丁目1-17 Maruyama S1ビル3F TEL.011-215-8188 【営業時間】9:00〜21:00 ※当日のご予約は19:00まで お問い合わせ

お知らせ

フィジオウェルネスマルヤマからのお知らせ

靴が合わないと起こりうる事 ⑤各関節への影響

【アーチが重要】と、インソールを安直に使うと害がある
という事を前回にお伝え致しました。
 
さて靴と足、さらにはインソールについてお話させて頂きました。
 
靴と足が合うという事は大変ですね。
 
さらに難しいのは、
立っている時だけを考えても合ってはこないんです。
 
足と靴があった上で今度は歩きへと
動きの方へと目を向けなければなりません。
 
さて、靴が合わないという事は
足以外の関節へも影響があります。
 
例えば
 
靴の内側が高いにもかかわらず、内側のインソールが高い場合
 
そとに足の重心は誘導され
O脚化します。
 
つまり
膝の外側の筋肉と
膝の関節の内側に
 
ストレスが来ます。
 
また、バランスがより悪い側には体重がのせれず
膝で言うならば【バランスの良い側が過荷重】になり、
 
故障の原因になるんですね。
 
他の関節はどうでしょうか?
 
足の重心を全体的に使えず
一般的に多い、足趾への荷重が弱い場合
 
踵へ重心がのります。
 
すると、重心が後ろに行ってしまうので
骨盤が前に傾くか、その上、あばらや頭を前に出して対応します。
 
全てが後ろ重心であれば、後ろに転んでしまいますからね。
とても立てません。
 
・骨盤が前に傾くと、当然腰痛そのものに負担がかかり
・あばらや頭で対応した場合、猫背が増悪してしまい、肩コリの原因にすらなるんです。
 
また内反小趾を誘導する靴
外反母趾を誘導する靴を履き続けると
 
足のトラブル以外にも
足を内側に捻りこむような歩きに代わってしまい
 
膝や股関節が痛んでしまうんですね。
  
近年は意識をさせて
 
歩き・猫背・股関節・骨盤
 
などを改善させようとされる方を目にしますが
正直いいますと
 
構造的に足や靴が悪い動きを作るってい場合は
意識は到底間に合いません。
(歩く一歩は0.6秒くらいです)
 
また意識は長続きしないもの。
 
まずは環境を整える事からがスタートラインと考えております。

施術メニュー

フィジオウェルネス マルヤマ

札幌市中央区南1条西25丁目1-17
Maruyama S1ビル3F
営業時間9:00〜21:00 ※当日のご予約は19:00まで
定休日不定休 E-MAILinfo@physiowellness.jp